すきまLife

人生のあいた時間を有意義に

育児と埼玉散策日記

絶対に動きたくないぎっくり腰のお母さんvs絶対に遊んでもらいたい2歳の娘。

まったりとした休日の朝にお母さんが叫びました。

あぁぁ・・・。ぁぁぁヴぁヴぁ・・・。

私も三回ほど経験があるのですが、お母さんがはじめてぎっくり腰になったようです。

始まりは突然に

私がぎっくり腰になったときは「あれ?背中痛い?」、「あっ、やばい痛い」、「痛すぎる!!」とじわじわくるタイプでした。

うちのお母さんはマンガみたいに突然「ゴキ」っと行きました。

テーブルに手を突いたままの体制から動けず、小さな肉食恐竜のようなうめき声が聞こえてきました。

どうしよ、どうしよ、どうしよ

パニックってました。

それを見つめる娘と私。

あまりの迫力に固まっていた娘もハッと気づいたように駆け寄り「まっま、だーじょぶ?」と心配してました。

ただ走って駆け寄った勢いがまずかった。

普段なら可愛らしい娘の抱きつき攻撃ですが、今のお母さんには会心の一撃。

やめてぇ!!ダメ!!

予想もしてなかった大声に娘は泣き出すし、肉食恐竜のうめき声もとまらない。

 

ぎっくり腰の乱

泣いてる娘を落ち着かせ、恐竜にはリビング横の和室に布団をひいて避難場所を確保。

たったテーブルから2メートルほどだが、悶絶しながら5分くらいかけて恐竜が移動。

呆然と見つめる娘。

でも布団に避難して少しお母さんが落ち着くと、再び娘が動きだした。

心配だが怒られたので布団の周りをちょろちょろ。お母さんをチラチラみながらウロウロ。

トラブルが起きる気しかしない。

そしてここからは怒号、泣き声、怒号、泣き声の無限ループに突入。

 

寝てるおかあさんに乗ろうとする→怒られる→大泣き

おかあさんのそばにあるジャングルジムで遊んでヒヤヒヤさせる→怒られる→大泣き

トイレに行こうとするお母さんに抱きつこうとする→怒られる→大泣き

 

普段なやっても怒られないことなので娘も可愛そうだが、ぎっくり腰は本当につらいからね。

娘をあやしながらも、ぎっくり腰では上げられないトイレのふたをあけて上げたり、ご飯作ったりと大騒動。

とりあえず家にいると娘もお母さんのそばに行きたがるので、外に連れ出して夕方までは二人で遊びに行きました。

和平

遊んですっきりしたのか、家に帰ってもお母さんとは適度な距離を保つ娘。

娘なりにお母さんが元気がないのは、わかっているみたいです。

お母さんも恐竜から原始人まで進化して、人間の言語でしゃべれるようになりました。

娘も怒られないようにゆっくりお母さんに近づき「だーじょーぶ?」と心配そう。

お母さんもだいぶ落ち着いてきたので「大丈夫だよー。」とやさしく返事してました。

どうやら和平が成立したようです。

娘はお母さんの布団にもぐりこんで「ぽんぽんいたーい」と私に向かって叫んできました。

娘もお母さんの真似をして動けないアピールをしてきたことに、夫婦で爆笑。

笑っている両親を見て娘も笑い始めました。

-育児と埼玉散策日記

おすすめ記事

丸亀あいきゃっち 1
実施店舗はわずか3店舗のみ。あの丸亀製麺の飲み放題を体験してきた。

みなさん丸亀製麺はご存知ですよね。 全国に800店舗近く展開しているうどんチェー ...

インフルエンザアイキャッチ 2
インフルエンザでイナビルを処方された体験と費用

2016年の1月に久々にインフルエンザにかかりました。 記憶が確かなら小学生依頼 ...

景品を確認 3
【2017年最新版】今年も「Genki!」のキャンペーンでアンパンマンガチャガチャを引いてきた

昨年から何度も参加している紙おむつ「Genki!」のキャンペーンで、アンパンマン ...

アンパンマンのキャンペーン 4
ネピアの紙オムツ「Genki!」のキャンペーンで、アンパンマンガチャガチャを引いてきた

育児中のみなさんはどこのメーカの紙おむつを使ってますか? うちはムーニーを使って ...